ETCカード年会費無料ランキング

お得な割引制度が有るETCカード

ETC

ETCカードは非常に便利なので、最近ではかなりの車が搭載しています。色々魅力満載のETCカードですが、最大の魅力は各種の割引サービスを受ける事が出来る事です。

 

ETC割引には色々な種類が有るので、利用する時間帯や利用頻度によって様々な割引が適用され、ETCを利用していない状態と比べ遥かにお得な料金で高速道路を利用する事が出来るのです。

 

利用する高速道路によって割引制度や料金は大きく異なりますので、利用する道路の詳細情報は事前にチェックする事をお勧めします。

 

まず、主なETCカード割引についてご紹介致します。

 

朝早くの移動に安心な早朝夜間割引

早朝や夜間に、東京や大阪などの大都市近郊区間を含む、100km以内の区間を利用した場合適用される割引サービスです。入口料金所か出口料金所を22時〜翌午前6時までの間に通過する事が割引適用条件です。この場合の割引率は通常料金の50%になります。なお、100kmを過ぎる利用の場合、利用区間全体の早朝夜間割引が適用外になりますので、注意が必要です。

 

夜間の移動に便利な深夜割引

NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する高速道路が対象の割引サービスです。対象道路を0時〜4時までの間に利用、もしくは平日の4時〜6時までの間か、20時〜翌午前0時までの間に利用する事で割引を受ける事が出来ます。

 

時間帯や曜日によって割引率が変わり、3割引〜5割引の割引が有ります。対象時間をまたいでいる場合にも割引が適用されるので、例えば、入口料金所を19時に通過したとして、出口料金所を翌日7時に通過した場合でも、割引を受ける事が出来るのが特徴です。但し、第三京浜道路や京葉道路、横浜新道など一部の区間では割引対象外なので、注意が必要です。

 

休日に遊びに出かける時に心強い休日特別割引

対象区間はNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する高速道路で、休日に走行すると割引を受ける事が出来ます。このサービスは軽自動車か、普通自動車限定の割引サービスなので、大型車などは適用外です。

 

大都市近郊区間と地方では割引料金が異なるのが特徴です。大都市近郊区間の割引率は時間帯によって異なり、3割引〜5割引となっています。地方部に関しては終日5割引です。

 

地方部の場合は、割引後の上限が1,000円と決まっているので、1,000円を超える場合でも一律1,000円のみとお得です。しかし一方で、大都市近郊区間の場合、この1,000円の上限と言うのは適用外なので、6時〜22時までの利用に対しては3割引が適用され、0時〜6時または22時〜24時までの利用に対しては5割引となります。

 

年末年始やゴールデンウィーク、お盆期間中などの大型連休前後の場合は、カレンダー上は平日でも特例として、割引対象になる場合が有ります。

 

昼間に出かけるのに便利な平日昼間割引

NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する高速道路が対象区間ですが、東京と大阪近郊は適用外になっています。地方部の高速道路が割引対象のサービスです。

 

上記の区間を平日の6時〜20時の間に入口、もしくは出口料金所を通過した場合に適用される割引制度です。

 

対象割引道路100km分が3割引になりますが、複数の割引制度を併用する事は出来ません。本四高速の場合の割引率は3割引で、平日の9時〜17時の間に入口、もしくは出口料金所を通過する事が条件です。

 

通勤に助かる通勤割引

東京や大阪近郊の大都市区間を除いた、NEXCO東日本・中日本・西日本が運営する高速道路と、東海環状線で適用される割引です。通勤時間帯である、6時〜9時、または17時〜20時の時間帯に入口か出口料金所を通過した場合に適用される割引制度で、100km分が5割引になります。

 

あくまで100km分しか割引がされないので、それを超える分に関しては割引適用外となります。しかも、午前と午後のそれぞれ最初の1回しか割引対象にならないので、注意が必要です。

 

ポイントまで溜まるETCマイレージサービス

ETCカードは毎月の利用額に応じて、一定のポイントを付与してくれるサービスが有ります。対象道路は幅広く、東日本・中日本・西日本高速道路の他、阪神高速道路や本四高速などです。

 

ポイントは新たにETCを利用した時の通行分に還元する事が可能となっているので、実質さらに割引を受けている事になります。この便利なマイレージサービスを受ける為には、事前に登録しておく必要が有ります。

ETCカード 人気ランキング!